‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

不貞行為の立証方法

2014/07/28

 

不貞行為とは配偶者がいながら、他の異性と性的行為などの行為を行う事です。
これは法的にも常識的にも許される事ではありません。
この行為は離婚原因にもなりますし、慰謝料を請求されるケースもあります。
しかし、裁判に置いて離婚を請求したり、慰謝料を請求する際には配偶者や不貞相手が認めない限り、因果関係の分かる決定的な証拠が必要となります。
確かに2人が不貞な行為をしていたという事を立証しなくてはいけないのです。
ですから、最近は探偵社や興信所に依頼して、不貞な行為の決定的な証拠を掴む方が増えています。
探偵社や興信所では依頼があったら、調査対象者を張り込みし、尾行し、証拠を掴みます。
自分で証拠を掴もうとすると大変時間がかかり、調査対象者に気付かれてはいけないなど、大変技術が必要となる為、プロである探偵社や興信所に依頼する方が多いのです。
ただし、探偵社や興信所の中には法外な依頼料を請求する悪徳業者も多いので、探偵社選びは慎重に行う必要があります。
まず最初、無料相談を利用する良いでしょう。
また、日本調査業協会に加盟しているところや成功報酬制を取っているところもおすすめです。
更に契約の際には必ず書面で交わす事をおすすめします。

夫婦/カップル 喧嘩

裁判で有利に働く証拠

2014/07/28

 

不倫をされてしまったのであれば、そのまま泣き寝入りをするというのは、なかなか気がおさまらないというものです。
それなりの慰謝料を貰うようにしなければ納得がいかない事でしょう。
慰謝料を貰った所で、踏みにじられてしまった気持ちを取り戻すことが出来るものではありませんが、少しは気持ちがすっきりとするものです。
ですので、裁判でもして慰謝料を貰うようにした方がいいでしょう。
そこで裁判を行うのであれば、裁判で有利に働く証拠を集めるようにしておきましょう。
その証拠を集めているのといないのでは、裁判の行方が大きく変わってくるようになりますので、
探偵を使ってでも集めておくようにしましょう。
そこで、証拠として有効になるのが、写真や録音テープ電子メールなどがあります。
ですので、重要な証拠となりえるこれらのものを出来る限り集めるようにしなくてはなりません。
探偵に頼って証拠集めをしてもらうのもいいですし、自分でも出来るだけ集めるようにしておきましょう。
もちろん証拠を集めるのであれば、相手にばれないように集める必要があります。
ですので、不倫をされている事には気づかないふりをして平然とした態度で毎日を過ごすようにしておくことです。

夫婦/カップル 喧嘩

証拠の立証が必要

2014/07/28

 

刑事裁判や民事裁判でよく耳にする言葉で証拠の立証と言う言葉が有りますが、これは裁判における証拠第一主義の考え方に基づいて原告側にしても被告側にしても自分の方が有利に進める為に証拠を確実な物にする為に特に原告側で行われる行為で、提出した証拠を原告側が用意した証人を出廷させて証拠を裏付ける証言をさせたりする事が有ります。

ただし開廷する時に裁判に関わる全ての人物が客観的に事実に基づいた発言をする様宣誓しなくてはならず、もし証言が偽証であったり原告側が作り上げた証言であった場合は偽証罪に問われ罪になります。ですので出廷した人物は宣誓に基づき事実を客観的に証言をして、その証拠が正しいと言う事を証言して初めて証拠の立証が可能になります。

逆に言えば事実と異なる証拠を提出してそれを捻じ曲げられた証言で立証しようとしても、事実と異なりますので証言をした人も偽証罪に問われ、証拠の立証も不可能になります。ですので原告側の検事は裁判の行われる前から揃える資料の数と証拠品は膨大な数になりますので、いかにそれを事実に基づいて立証する為には誰に証言してもらうのがいいのか十分に考えて裁判に備える必要が有りますし、証言する人も証言する事実を事前に頭の中で整理しておく必要が有ります。夫婦/カップル 喧嘩

家庭裁判所調査官、参与員について

2014/07/28

 

従前の日本の司法制度においては裁判期間の長さや弁護士費用の高さや裁判所の行政寄りのスタンスなどの原因により、国民に十分な法的解決を供給していなかったといえます。また、普通に社会に生きている人々にとって、裁判所というところはやはり非日常であり、なじみが無い場所でもあります。

昨今司法の世界では、国民への十分な司法サービスを提供する為に、広汎な司法制度改革が1999年から検討され改革が行われています。2009年から施行された裁判員制度などが顕著な例です。

人数が多くない上にたくさんの案件を抱える職業裁判官にとって、調査官や裁判員などからの様々な意見や調査報告は審理や判断の充実や迅速化に期するものになっているといえるでしょう。親権や遺産相続などの家庭に関する事件や少年の保護事件などを取り扱う家庭裁判所においては、調査官など様々な人々が調査報告や意見の提出などにより裁判官の審理を補助しています。

事件の調査報告をする家庭裁判所調査官は、裁判所の職員として任命されます。事件に関して意見の提出をする参与員は,人望があって,社会人としての健全な良識や豊富な社会経験のある人の中から選ばれています。漫画やドラマにも登場して一般にも知られるようになってきている役職です。

事案の当事者に深く踏み込んでコミュニケーションをとっていく調査官や国民の立場から意見を述べる参与員は、大きな責任を担い当事者と裁判官をつなぐ橋渡しの役割として家庭裁判所において重要な機能を果たしています。

夫婦/カップル 喧嘩

 

訴訟の流れ

2014/07/28

 

金銭トラブルや、今ではセクハラやパワハラも訴訟の対象となっており、その流れはネットなどを調べれば料金など簡単に検索が出来ます。
ここでは、一般的な流れではなく、勝つための証拠を揃える事が何よりも大切です。
例えば会話の録音、さらには何日の何時何分にどこで誰が何と言ったなどのメモ、その時の心境など、こと細かく書くことと、それを言った(言われた)時に同席した人の名前、そして物的証拠(プリント物や署名したもの)があれば完璧です。
特に会話録音は絶対的な証拠となりますし、今では携帯電話で簡単に録音が可能です。
胸ポケットなどに潜ませて相手の声を録音するのですが、その際には証拠となるキーワードを引き出す会話を心がけ、相手にとって不利になるような言葉を言わせる作戦が必要です。
金銭トラブルでは、証拠となる借用書、返金を求めるために内容証明書を送付して、いつまでに返金するようにと期日を設けて、その期日を過ぎても返金が無かったという証拠を作る必要がありますし、またセクハラやパワハラでは、相手は教育的指導のためと言い訳したり、会社ぐるみで隠す事もあり、これこそなかなか判断しにくいものになるため、その行為をやめて欲しいという内容証明を送付するとか、会社の組合に相談するなどして、いつからどんな事が起きていたのかを証拠として残しておく必要があります。
いずれにしても、裁判所の検察官は、感情的なものではなく、物的証拠や証人が居ないとまったく勝ち目がありませんので、まずは証拠作りを自分を犠牲にしても作る事が勝つ必須です。

夫婦/カップル 喧嘩

必要書類の種類と内容

2014/07/28

家庭裁判所で離婚訴訟をする時は、まず家庭裁判所で調停を受けなければなりません。何故なら提訴をする時、夫婦関係調整事件不成立調書を提出しなければならないからです。

それで離婚裁判をするのに必要な書類ですが、夫婦関係調整事件不成立調書、これは家庭裁判所で調停が不成立に終わった時に作成してもらえます。次に家庭裁判所で調停が不成立で終わったことを証明する書類、これはどういう風に話し合いが行われて調停が不成立になったかを記録した物でこれも家庭裁判所で作成してもらえます。

他にも夫婦の戸籍謄本、実際に籍を入れていなかったら、法律上離婚にならないわけで、籍を入れていない人が離婚訴訟を起こすのかと聞かれれば、籍を入れないだけで事実上の夫婦とかがあります。そして訴状2通、これは離婚を求める内容とその理由を書いてある物を同じく2通作成します。

昔は離婚裁判は地方裁判所でやっていましたが、法律改正ですべて家庭裁判所でやるようになりました。調停も裁判も家庭でやるなら、わざわざ面倒な手続きをさせないで、そのままスライドしてやればいいのですけど、調停と裁判は法律的効力が違いますから、手続きが厳しくなるのは仕方がないことです。

夫婦/カップル 喧嘩

訴訟費用の内訳

2014/07/28

裁判には必ず訴訟費用がかかりますが、基本的には裁判にかかった訴訟費用は敗訴者が支払う事になります。訴訟費用の内訳は様々有りまして、まずは印紙代を含めた訴訟手続きの費用に弁護した弁護士への日当や報酬、しかし場合によっては依頼料は別払いになる時も有ります。

大まかに分けるとこの様な感じになりますが、他にも訴訟を起こすために作成された資料やその資料を作成する為にかかった交通費等の諸費用、裁判所への交通費等様々な費用がかかってきます。更に場合によっては勝訴者の分も払わなくてはいけない例も多く見られ、これだけ見ても訴訟や裁判を起こすと言う事が時間的にも精神的にも経済的にも大きな負担がかかる事が分かります。

訴訟前の資料の数も膨大な量になりますので、費用も半端でない金額がかかる事も多く更に裁判が長引けば長引くほど費用はどんどん増えていきます。弁護士費用も依頼料に成功報酬を合わせたらそれだけで百万円を超える場合も多く、印紙代もかなりの値段がしますので、合計額で見ると一般サラリーマンの通常の年収に近い位の金額になる事も少なくはありません。ですので訴訟を起こす際には費用面でも十分な準備をしておく必要が有り、話し合いで解決できる様ならそちらの方が良いでしょう。

夫婦/カップル 喧嘩

訴訟の手続き

2014/07/28

裁判所が取り扱う事件には、警察が介入する刑事事件、個人同士のお金や土地の貸し借りのトラブル、名誉棄損などの民事事件、夫婦や家族、親族との間の遺産相続など近い間柄での争い事を中心とした家事事件、未成年が該当する少年事件の4つがあります。
この中でも特に多いのが、民事事件と家事事件です。これら事件を解決するには、原告側が該当の裁判所に申し立てを行うことになります。
訴訟を起こすには手続きが必要になりますが、基本的に民事事件の場合には140万円以下を請求するパターンの申し立ては簡易裁判所、これ以外では地方裁判所で行うことになります。
家事事件に該当する場合は、家庭裁判所になります。
裁判所の場所は被告側の住所に基づき、決定されるようになっています。
申し立てを行う時は、これら裁判所に訴状や申立書を提出する必要があります。記述例は、ネットを使ってダウンロードすることも可能です。
手数料もかかりますが、支払いは収入印紙を訴状や申立書に貼りつけて納付するかたちとなります。また、手数料が100万円よりも高額になる場合では、収入印紙以外に現金による納付も受け付けてくれます。
書類は裁判の内容によって違いがありますから、まずは該当する裁判所に相談に行くのが一番でしょう。

夫婦/カップル 喧嘩

管轄の裁判所

2014/02/20

 

裁判所には、民事事件、刑事事件などを扱う地方裁判所、少額訴訟事件などを扱う簡易裁判所、家事事件を扱う家事専門の裁判所があります。そして、家庭裁判所は、家事事件を管轄する裁判所になります。家事事件とは、一般の家庭で発生する様々な事件を取り扱います。例えば、離婚の調停とか相続の争い事などの調停を行います。したがって、もしも家庭内に争いがあれば、家庭にとって深刻な問題となります。

家庭の深刻な事件を調停することが起こった場合に利用するのが裁判所ですから、できれば利用しないに越したことはありません。事件ではありませんが、後見人の審判などが必要な事態になった場合には、利用することになります。その際には、住んでいる地域を管轄する裁判所を利用する必要があります。その地域を管轄する裁判所に出向く必要があります。

管轄の裁判所を利用する際には、弁護士や司法書士に相談をして利用することで、スムースに利用可能です。先ずは、近くの司法書士さんや行政書士さんなどの士業をされている法律の専門家に相談するとよいでしょう。司法書士さんや行政書士さんの報酬は、弁護士先生への報酬に比べて安価になります。また、区市町村で行っている無料サービスなどを利用する方法もあります。

夫婦/カップル 喧嘩