管轄の裁判所

 

裁判所には、民事事件、刑事事件などを扱う地方裁判所、少額訴訟事件などを扱う簡易裁判所、家事事件を扱う家事専門の裁判所があります。そして、家庭裁判所は、家事事件を管轄する裁判所になります。家事事件とは、一般の家庭で発生する様々な事件を取り扱います。例えば、離婚の調停とか相続の争い事などの調停を行います。したがって、もしも家庭内に争いがあれば、家庭にとって深刻な問題となります。

家庭の深刻な事件を調停することが起こった場合に利用するのが裁判所ですから、できれば利用しないに越したことはありません。事件ではありませんが、後見人の審判などが必要な事態になった場合には、利用することになります。その際には、住んでいる地域を管轄する裁判所を利用する必要があります。その地域を管轄する裁判所に出向く必要があります。

管轄の裁判所を利用する際には、弁護士や司法書士に相談をして利用することで、スムースに利用可能です。先ずは、近くの司法書士さんや行政書士さんなどの士業をされている法律の専門家に相談するとよいでしょう。司法書士さんや行政書士さんの報酬は、弁護士先生への報酬に比べて安価になります。また、区市町村で行っている無料サービスなどを利用する方法もあります。

夫婦/カップル 喧嘩