必要書類の種類と内容

家庭裁判所で離婚訴訟をする時は、まず家庭裁判所で調停を受けなければなりません。何故なら提訴をする時、夫婦関係調整事件不成立調書を提出しなければならないからです。

それで離婚裁判をするのに必要な書類ですが、夫婦関係調整事件不成立調書、これは家庭裁判所で調停が不成立に終わった時に作成してもらえます。次に家庭裁判所で調停が不成立で終わったことを証明する書類、これはどういう風に話し合いが行われて調停が不成立になったかを記録した物でこれも家庭裁判所で作成してもらえます。

他にも夫婦の戸籍謄本、実際に籍を入れていなかったら、法律上離婚にならないわけで、籍を入れていない人が離婚訴訟を起こすのかと聞かれれば、籍を入れないだけで事実上の夫婦とかがあります。そして訴状2通、これは離婚を求める内容とその理由を書いてある物を同じく2通作成します。

昔は離婚裁判は地方裁判所でやっていましたが、法律改正ですべて家庭裁判所でやるようになりました。調停も裁判も家庭でやるなら、わざわざ面倒な手続きをさせないで、そのままスライドしてやればいいのですけど、調停と裁判は法律的効力が違いますから、手続きが厳しくなるのは仕方がないことです。

夫婦/カップル 喧嘩