証拠の立証が必要

 

刑事裁判や民事裁判でよく耳にする言葉で証拠の立証と言う言葉が有りますが、これは裁判における証拠第一主義の考え方に基づいて原告側にしても被告側にしても自分の方が有利に進める為に証拠を確実な物にする為に特に原告側で行われる行為で、提出した証拠を原告側が用意した証人を出廷させて証拠を裏付ける証言をさせたりする事が有ります。

ただし開廷する時に裁判に関わる全ての人物が客観的に事実に基づいた発言をする様宣誓しなくてはならず、もし証言が偽証であったり原告側が作り上げた証言であった場合は偽証罪に問われ罪になります。ですので出廷した人物は宣誓に基づき事実を客観的に証言をして、その証拠が正しいと言う事を証言して初めて証拠の立証が可能になります。

逆に言えば事実と異なる証拠を提出してそれを捻じ曲げられた証言で立証しようとしても、事実と異なりますので証言をした人も偽証罪に問われ、証拠の立証も不可能になります。ですので原告側の検事は裁判の行われる前から揃える資料の数と証拠品は膨大な数になりますので、いかにそれを事実に基づいて立証する為には誰に証言してもらうのがいいのか十分に考えて裁判に備える必要が有りますし、証言する人も証言する事実を事前に頭の中で整理しておく必要が有ります。夫婦/カップル 喧嘩