訴訟費用の内訳

裁判には必ず訴訟費用がかかりますが、基本的には裁判にかかった訴訟費用は敗訴者が支払う事になります。訴訟費用の内訳は様々有りまして、まずは印紙代を含めた訴訟手続きの費用に弁護した弁護士への日当や報酬、しかし場合によっては依頼料は別払いになる時も有ります。

大まかに分けるとこの様な感じになりますが、他にも訴訟を起こすために作成された資料やその資料を作成する為にかかった交通費等の諸費用、裁判所への交通費等様々な費用がかかってきます。更に場合によっては勝訴者の分も払わなくてはいけない例も多く見られ、これだけ見ても訴訟や裁判を起こすと言う事が時間的にも精神的にも経済的にも大きな負担がかかる事が分かります。

訴訟前の資料の数も膨大な量になりますので、費用も半端でない金額がかかる事も多く更に裁判が長引けば長引くほど費用はどんどん増えていきます。弁護士費用も依頼料に成功報酬を合わせたらそれだけで百万円を超える場合も多く、印紙代もかなりの値段がしますので、合計額で見ると一般サラリーマンの通常の年収に近い位の金額になる事も少なくはありません。ですので訴訟を起こす際には費用面でも十分な準備をしておく必要が有り、話し合いで解決できる様ならそちらの方が良いでしょう。

夫婦/カップル 喧嘩